コラーゲン代謝のしくみ

人体の構成物質のひとつである「タンパク質」のうち約3分の1を締めているのが「コラーゲン」です。
私たちの肌、骨、歯、関節、腱や血管などいたるところに存在しています。
では、このタンパク質の一種であるコラーゲンはどのように体内で代謝されるのでしょうか。

◆タンパク質は体内でどう変化するのか

1. タンパク質を食べる
肉・魚などの「アミノ酸」もフカヒレなどの「コラーゲン」もすべて大きな塊の状態です。

2. 胃で分解され、ペプチドになる
「大きな塊」のタンパク質から、粗切りな2~100単位の分子のペプチド(2個以上のアミノ酸同士が結合している状態)に変化

3. 小腸で吸収
さらに細かいアミノ酸分子になって、小腸で吸収されます。このとき、「アミノ酸」「トリペプチド」どちらかの形で吸収されていきます。

4. 血流に乗って肝臓へ運ばれる
食物中のタンパク質が分解されて小腸へ吸収されるには約4~5時間かかります。
一方、サプリメントなど始めからアミノ酸が「単体」の状態で摂取すれば、消化する必要がないので、約30分に吸収スピードを短縮できます。

5. 肝臓のTCA回路などでエネルギーとして使用 血流に乗って体の各組織を作る材料として使用
動植物を通して最も主要な代謝経路と考えられているのが。TCA回路です。この回路の主な役割は、電子伝達系と共に働いて、生命の働きに必須のエネルギー物質を最も効率よく生産することです。 各組織に運ばれたアミノ酸が「コラーゲン」に変化
※肌でアミノ酸がコラーゲンに変わるときにビタミンCが必要です。“生み出す力”を高めないとせっかくの効果が半減してしまいます。
オルニチン回路で分解と再合成が行なわれる
肝臓内で有機物質を分解する際にもアミノ酸は使われます。タンパク質などの窒素原子を含む食物を摂ると尾、そのうちの一部は、アンモニアになります。細胞にとって毒性の強いアンモニアを無害な形にし、体内に一定量蓄積してから排出してます。
尿素として体外へ排出
新しく補給
※はじめに戻る※


Go Top