ベニ麹+リポ酸+カルニチン+Q10カプセル

2009/12/02 OEM品一覧, ダイエットサポート by staff 1

食べても飲んでもダイエット!
天然ロバスタチン含有ベニ麹
α-リポ酸 + L-カルニチン + コエンザイムQ10
天然ロバスタチンに、糖や脂質の代謝に3つの燃焼系「L-カルニチン」、「α-リポ酸」、「コエンザイムQ10」と「ビタミンB群」を配合したダイエットサプリメントです。
目安:1日4球 内容量:1球重量455mg[うち内容量300mg]
形状:ソフトカプセル 区分:ダイエットサポート

このような方に

●食べても、飲んでも痩せたい方
●お腹周りをスッキリさせたい方
●今の内臓脂肪を減らしたい方

主原料

脂質バランスを調節
ベニ麹
麹の一種で、鮮やかな紅色をしていることから「ベニコウジ」と呼ばれています。
食品では、色々な発酵食品や健康ドリンクなどにも利用され、その機能と天然色素としての有用性が注目されています。
特にベニ麹に含まれる“モナコリンK”は、別名「天然型ロバスタチン」とも呼ばれ、体内の脂質バランスを調節する働きがあることが様々な研究から明らかになっています。
糖分の代謝に
α-リポ酸
体内で糖の代謝に関わる補酵素として働く成分です。
体内でもごく微量ながら合成されていますが、加齢とともにその合成量は減少するので、外からの補充が必要です。
また一般の食品には極めて微量しか含まれず、食事で補うのは困難なため、サプリメントでの摂取がオススメです。
脂肪の運び屋
L-カルニチン
体内で脂肪の代謝に関わる補酵素として働く成分です。
人の体内でも合成されていますが、20歳頃を境に体内のカルニチン量はどんどん減少していきます。
食品にも含まれていますが、多くは高カロリーな肉類に含まれていることから、サプリメントでの摂取が効率的だといえます。
エネルギー産生に不可欠
コエンザイムQ10
人の体を構成する約60兆個の細胞のほとんど全てに存在している物質で、補酵素として細胞内における栄養素からのエネルギー産生に不可欠な成分です。
40歳頃から体内では顕著に減少していくので、積極的に補いたい成分です。

成分配合量

内容成分及びその含有量 4球(1.82g)当たり
ベニ麹・・・200mg(モナコリンK・・・3.6mg)
α-リポ酸・・・100mg
カルニチン・・・67mg
コエンザイムQ10・・・56mg
栄養成分及びその含有量 4球(1.82g)当たり
エネルギー・・・11Kcal
たんぱく質・・・0.52g
脂質・・・0.85g
炭水化物・・・0.36g
ナトリウム・・・0.26mg
ビタミンE(α-トコフェロール)・・・2.9mg
パントテン酸・・・17mg
ビタミンB1・・・2.0mg
ビタミンB2・・・1.7mg
ビタミンB6・・・1.7mg
ビタミンB12・・・2μg

ご注意

※温度・環境により、カプセルの硬度や色が変化することがあります。


Tags: 

Go Top