「プロポリス」はミツバチの”自己防御力”の要!

2017/02/07 ニュース by staff 0

プロポリスという名前には語源があり、「プロ(pro)」は「前」や「守る(防御)」、「ポリス(polis)」は「都市」という意味を持っています。

ミツバチが外的から身を守るため、樹液から集めた樹脂に自ら分泌する唾液を混ぜたものを巣箱の隙間や内壁に塗り固めて作る粘土状物質のことです。ミツバチはこの粘土状の物質を入口に塗ることで、巣の出入り口を狭くし外的から巣の侵入を防ぎ、巣を補強し、保温状態を一定に保つ役割があり、名前の語源通り「都市(巣)を守る」働きを持っています。
またプロポリスには殺菌作用もあるため、雑菌やウイルスから身を守り、巣の内部を清潔に保つことができます。

風邪やウイルス感染の多い季節の変わり目などの体調管理、不規則な食生活や飲酒・喫煙などからカラダを守るための健康維持にオススメです。


Tags: 

Go Top