海のミルクと呼ばれる「牡蠣」でエネルギッシュに!

2016/11/16 ニュース by staff 0

11月23日は、「牡蠣の日」ってご存知ですか?
この日は「勤労感謝の日」で、栄養分豊富な牡蠣を多くの人に食べて頂き、日頃の勤労の疲れを癒して頂きたいという意味からこの日に制定されました。

牡蠣は、良質なたんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランスよく含み、牛乳のように栄養豊富で身が乳白色であることから「海のミルク」と呼ばれています。
タウリン・グリコーゲン・亜鉛が多く含まれているのが特徴です。タウリンは、肝臓の代謝を活発にし、血圧を正常に保ち、血栓を予防します。グリコーゲンは、疲労回復・脳の活性化・血糖値の調整などの働きがあります。亜鉛は、新たな細胞が作られる時に必要となるミネラルで、インスリンの分泌促進やホルモンの代謝に関与しています。

このように「牡蠣」が人間の生命維持に大変良いことがわかります。不規則な食生活を送る現代人や近頃頑張りすぎたと感じている方、お酒をよく飲まれる方などの健康維持におすすめです。


Tags: 

Go Top