「ストレス」と「ビタミン」の関係!

2016/05/08 ニュース by staff 0

新年度を迎え、新社会人を始め転職や異動など新しい環境で仕事を始める人も多く特にゴールデンウィーク明けに「倦怠感」「虚脱感」という症状を感じる方が多くいます。
俗にいう「5月病」です。5月病は、医学的に認められた病名ではなく、医療機関では「適応障害」または「うつ病」と診断されます。ストレス社会の現代に生きる以上、5月病になる可能性は誰にでもあると言えます。

人はストレスを感じると、副腎からストレス対抗ホルモンを出して乗り切ろうとします。この時に、ビタミンCが必要です。
ビタミンCはストレスによって発生する活性酸素を除去する抗酸化力があるのはもちろん、ストレスを感じたときに分泌される抗ストレスホルモン(コルチゾール)を合成する時に必要不可欠な成分です。

5月病はちょっとした心がけで、症状の改善や予防をすることが出来ます。睡眠は疲労回復に重要な役割を果たすので、「睡眠リズムを乱さない」ように注意しましょう。自分なりのストレス解消法を見つけ、疲労回復を心がけることが大切です。

 

―おすすめ商品―

         ギャバタイム

   ―ワンダーアセロラC―    ―マルチビタミン―       ―ギャバタイム―


Tags: 

Go Top