高齢者が起こしやすい骨折とは

2016/04/18 ニュース by staff 0

東日本大震災の被災地では要介護者が全国平均の14倍に増えているなど、介護の必要な人が増える中、骨折や転倒が原因の1つとして挙げられています。
高齢者の骨折の多くは「太ももの付け根」・「手首」・「腕の付け根」・「背骨」の4点で起きやすく、特に太ももの付け根(大腿骨頚部)は回復するのに時間がかかり、寝たきりになりやすい骨折です。
原因として約7割の人が、立った状態からの転倒で大腿骨頚部を骨折しており、簡単に骨折を引き起こしてしまいます。年齢を重ねると筋肉の低下や骨密度の低下など転倒のリスクが高くなるため、運動や転倒対策を生活の中で心がけましょう。

(3月9日 NHKニュースより一部引用)

―おすすめ商品―

マイルドグルコサミンCa&Mg化    ヒアルロン酸

        ―マイルドグルコサミンCa&Mg―  ―ヒアルロン酸―


Tags: 

Go Top