炭水化物の摂取タイミングが血糖値に影響!?

2015/10/05 ニュース by staff 0

炭水化物の前に野菜、たんぱく質の順で摂取すると、2型糖尿病患者の血糖値やインスリンの分泌が改善することが研究結果によって分かっています。

初めに野菜を摂取することで野菜に含まれる食物繊維が糖質の腸内吸収を穏やかにする働きがあり、食欲や体重抑制の働きのあるインクレチンの分泌も促されます。

事前に血糖値の上昇を防ぐ事でインスリンの分泌を少なくし、脂質異常症や肥満、高血圧などの予防につながります。

(参考資料:2015 年7 月3 日糖尿病リソースガイド)

―おすすめ商品―

  結糖ヘルス   

    ―結糖ヘルス―       ―トレッタ-V―


Tags: 

Go Top