ガン発症のリスク上昇傾向 免疫がポイント

2015/03/23 ニュース by staff 0

厚生労働省は、2015年1月1日に2014年人口動態統計の年間推移を発表した。死因順位の1位は前年より約5,000人も増加した「悪性新生物(ガン)」だった。2位以降の心疾患、肺炎、脳血管疾患は前年よりも減少しており、ガンによる死亡数が際立っている。ガンやインフルエンザ、2~3月に最も多いとされる花粉症は免疫低下により発症リスクが高くなる傾向にある。免疫低下を防ぐには栄養バランスを整え、「ファイトケミカル」と呼ばれる成分の摂取も重要である。

(厚生労働省 2014年人口動態統計より)

風邪や病気に負けないカラダづくりをサポートする商品

ジャバラ果皮CP 緑のプロポリス 乳酸菌ミルク

―ジャバラ果皮CP―        ―緑のプロポリス―      ―乳酸菌ミルク―


Tags: 

Go Top