ギャバでストレス軽減 話題の注目成分とは?

2014/05/12 ニュース by staff 0

最近”GABA(ギャバ)”という言葉を目にする機会が増えてきています。 ヒトの体内にも多く存在する、天然アミノ酸のひとつでγ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)と呼ばれています。  

ギャバには脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働き、興奮を鎮めリラックス効果やストレス軽減などの効果が期待できると考えられています。
ストレスが特に多い4~5月にギャバは特に必要になる成分ですが、どの程度摂取するべきなのでしょう。

目安として、1日に30mg以上、より機能を実感されたい場合は、50~100mgのギャバを摂取する必要があります。 ストレス・老化により体内にあるギャバの量が減少する傾向にあるのでギャバを摂取して乗り切りましょう。

 

 


Tags: 

Go Top