花粉症に良い食べものが存在する!?

2014/04/21 ニュース by staff 0

花粉症の人の体内に花粉が侵入すると、アレルギーの免疫反応が起こり、ヒスタミン・ロイコトリエン・セロトニンなどの化学物質がくしゃみ・鼻水・鼻づまりの鼻炎症状を引き起こします。 そのような成分は食物にも含まれているため、注意する必要があるといわれています。

トマト・ホウレン草・ナス・タケノコなどに多くヒスタミンを含んでおり、またバナナ・キウイ・パイナップルなどの果物は、セロトニンを多く含む食物です。 加熱することで軽減しますが生での過剰摂取は控えましょう。

しかし花粉症を軽減できる食べものも存在します。 ヨーグルトやシソなどありますが今回おすすめしたいのが、グァバ茶です。

グァバとは熱帯地方に自生する木になる実で日本では沖縄でも良く見かけます。

その葉で作ったグァバ茶にはポリフェノールが含まれており糖の吸収を穏やかにし、ヒスタミンの分泌を抑える効果があるといわれています。 花粉症の季節は食べ物・飲み物で軽減を図りましょう。

 


Tags: 

Go Top